タグ別アーカイブ: 生活

高年収 老後破産?

高年収だったのに老後破産してしまう人の特徴3選

 

「現役時代の年収が高ければ、老後破産にはならない」。

残念ながら、これは真実ではありません。

年収が高く、もらえる年金が平均より多くても、生活が苦しくて困ってしまう方はいます。

それはいったい何故なのか、高年収だったのに老後破産してしまう人の特徴を3つご紹介します。

 

■特徴1.現役引退後も住宅ローンや教育費の出費が続く

近年は晩婚化が進み、出産の年齢も家を購入する年齢も上がってきています。

40歳で子どもが産まれて家を購入した場合、60歳で定年を迎えて無収入になっても、

まだ子どもが大学生で住宅ローンも返済中ということも珍しくありません。

高年収の方ほど、住宅や教育にかける金額も大きくなる傾向があります。

大きな出費があると、それだけ家計のやりくりが大変になります。

退職金やそれまでの貯蓄でなんなく支払えるなら問題ないのですが、

「退職金が思ったより少ない」

「貯蓄がうまくいかなかった」などで状況が急激に悪化してしまうことも……。

 

■特徴2.お金の使い方が無計画

収入が多いときは、多少気にせずにお金を使ったり贅沢をしたりしても生活できます。

でも、その余裕があるために「なんとかなるだろう」と考えてしまい、

家計のことを深く考えないままになっている方もいます。

無駄を省いて支出を最適化したり長期的な資金計画をたてたりすることなく、

漫然とお金を使っている場合も老後破産に近づきやすくなります。

「今のところ毎月の収支は黒字」という方でも、役職定年を迎えて収入が下がる、

定年して無収入になる、年金が思ったより少ない、

思ったよりずっと長生きできた、といったことが重なると、

人生の後半でお金が足りなくなってしまうかもしれません。

 

■特徴3.生活コストを下げられない

もう1つ、高年収の方ほど陥りやすいのが「生活水準を下げられない」という問題です。

老後を見据えて「このままの支出ではお金が尽きてしまう、

なんとかしなくては」という状況になったとき、

それまで特にお金について意識せずに裕福な暮らしをしてきた方は、

合理的な節約が苦手な場合もあります。

生活水準は上げるのはかんたんですが、下げるのは難しいものです。

たとえば数十年にわたって「月50万円使って生活するのが普通」だった人は、

年金収入が月30万円の生活に突入したら、そのままでは毎月20万円の赤字が出ます。

20万円×12ヵ月×30年(60歳~90歳)=7,200万円です。まずいと思っても、

今まで無頓着だったのにいきなり月10万円単位の節約をするとなると、苦痛が伴うかもしれません。

実は、年収が高くても支出が多いために、

老後の貯蓄はほとんどできていないという家庭も少なくありません。

                           ※引用元 Fuelleより

心豊かな年金ライフ4

1日1000円・団地ひとり暮らしで叶えた、心豊かな年金ライフ。老後不安が〈ケチ道〉のはじまり

  •  

                                                                                                                   ※引用元 婦人公論.JP

心豊かな年金ライフ 3

1日1000円・団地ひとり暮らしで叶えた、心豊かな年金ライフ。老後不安が〈ケチ道〉のはじまり

  •  

                      ※引用元 婦人公論.JPより

心豊かな年金ライフ 2

1日1000円・団地ひとり暮らしで叶えた、心豊かな年金ライフ。老後不安が〈ケチ道〉のはじまり

 

ケチ道の基本アイテムを紹介。

ティッシュペーパー代わりに使うトイレットペーパーは

ちょっとした厚紙で目隠し。

洗濯ハンガーからはずれてしまった洗濯バサミをクリップに転用。クリップ留めした紙の束はレシート。

裏面をメモ用紙として使う

 

左上/キッチンでは丈夫で美しい竹籠を愛用

右上/母の着物をリメイクしてベルト付きスカートに

下/包装紙や和紙を使ったモビール

                            ※引用元 婦人公論.JPより