つばめ(燕)

さまざまな鳥を表す漢字の中でも「燕」は少し特別だ、

多くは「鳥」や尾の短い鳥を意味する「隹」(フルトリ)が付くのに対し、

飛ぶ姿をかたどっているとされるのが「燕」という

中ほどの左右に伸びた部分が翼のようだ

下部の点が尾だと知れば「燕尾」が見えてくる

近所のクリーニング屋さんの軒先にあった古い巣から先日、

長いのと少し短いのと、きれいに伸びた燕尾がのぞいていた

いつの間にかつがいがいる、各地で夏日になったが、

毎年、初夏の訪れを告げるように、

列島の南から北へとツバメが戻る季節である

長谷川克著「ツバメのひみつ」によると、

成鳥になって1.6年ほどしか生きない

戻ってきたのが、昨年去っていったあの鳥とは限らないそうだ、

とはいえ、第4波といわれるコロナ禍で重い空気の土地に

“帰還”してくれたようで、いつもの年以上に、うれしく感じられる

東京などへの緊急事態宣言が近づき、

長い旅はさらに縁遠くなりそうな時である

東南アジアなどから、

長旅をしてきた鳥たちに何を見てきたのかと尋ねたくもなる

作物につく虫を食べ、そのかわりのように、

天敵が近づきにくい人家の軒先などをすみかにした

持ちつ持たれつのような関係を築いた特別な鳥であろう

つがいは古い巣を補修中らしい、間もなく始まる子育ての光景は

巣ごもりの人に限らず癒やしになりそうだ

                      ※引用元 中日春秋より

 

コメントを残す