日経平均が年初来安値を更新

日経平均が年初来安値を更新 世界的な株安でファーストリテイリングやLVMHも株価下落

 

8月20日の東京株式市場で、

日経平均株価は前日比267円安となる2万7013円で取引を終え、

約7カ月ぶりに年初来安値を更新した。

取引期間中には一時、2万7000円を割り込んだ。

ファッション関連株も値を下げており、

ファーストリテイリングは同日、

72050円で取引を終え年初来安値を更新した。

同社の株価は2月16日に10万円を突破し、時価総額が一時10兆円を超えたが、

現在は約7兆6400億円とこの半年で3割近く下落している。

こうした株安の動きはアジア市場や欧州市場でも進んでおり、

2021年上半期決算で純利益が前年同期比10倍増を達成したLVMH(モエ・ヘネシー・ルイ・ヴィトン)でさえも、

8月20日に620ユーロ(79360円*)で取引を終え、5日間で株価は約12%下落した。

ケリンググループ(Kering Group)も同様で、同日に652ユーロ(83456円*)で取引を終え、

同期間で株価は約16%下落している。

コロナ禍から完全復活したと見られていたラグジュアリー系だが、不安定な状況は続きそうだ。

ただ、一方でLVMHはアフター・コロナを見据えて積極的に買収や投資を行なっており、

今年7月には、「セリーヌ(CELINE)」のクリエイティブディレクターだった

フィービー・ファイロ(Phoebe Philo)が立ち上げた新会社に投資している。

また、ヴァージル・アブロー(Virgil Abloh)が手掛ける「オフ-ホワイト(Off-White)」を買収し、

さらに共同で新規ブランドを立ち上げる。

国内に話を戻すと、東京都では8月21日、新型コロナウイルスの新規陽性者が5074人となり、

4日連続で5000人を超えるなど、爆発的な感染状況が続いている。

医療崩壊も迫っており深刻な事態に陥っているにも関わらず、

国会は閉会したまま、政府や東京都の行き当たりばったりの対応が続いている。

感染者が増える冬場までこのまま無策が続けば、株価にも影響が出てくるはずだ。

今後の政府や東京都の対応に注目したい。

                  ※引用元 SEVENTIE TWOより

コメントを残す