世界自然遺産

昔むかしのカラスは漆黒ではなかった。

染物屋のフクロウに誤って染められて・・

各地で、形を変えて語り継がれてきた昔話のひとつ「フクロウの紺屋」である

似たような話が、奄美大島でも伝わるが、カラスの相手が違っている。

リュウキュウアカショウビンという

【奄美諸島の昔話」にある話によれば、奄美で繁殖するその鳥は、

カラスの赤と白の着物を奪った。

現在の美しい彩りを得ることになったいわれらしい

ほかにも、奄美や沖縄の昔話には、本土の昔話の動物が彩りの異なる

別の種に変わっている例がある

助けた動物が恩に報いる「報恩譚」には、「ハブの恩返し」というのもあるそうだ

独自性と豊かな多様性が、「昔むかし」の中にも、息づいている地域だろう

その独自性と多様性の自然が、ようやく世界自然遺産に登録される。

「奄美大島、徳之島、沖縄島北部および西表島」について、

国連教育科学文化機関(ユネスコ)の諮問機関が、登録を認める勧告をした

アマミノクロウサギ、ヤンバルクイナ、イリオモテヤマネコ・・

人とともに島に生きる動物の多くが希少だ。

観光客が増えるのかもしれないが、登録は独自の自然を守り、

後世に伝えるための合図であろう

「ほこらさやいつよりまさり」うれしさはいつに勝ろう。

奄美の島唄の一節は、地元の心境か。

この先に生かしてほしい喜びだ。

            ※引用元 中日春秋より

コメントを残す