月別アーカイブ: 2021年7月

大坂なおみ 2

大坂なおみとバイルズ「二人の女王」退場で視聴率急落のNBCにスポンサーが「広告補填」を要求した

 

                          ※引用元 NEWSセブンセブンより

大坂なおみ

大坂なおみとバイルズ「二人の女王」退場で視聴率急落のNBCにスポンサーが「広告補填」を要求した

 

金メダルが有力視された大坂は3回戦で姿を消した(AFP=時事)

 

                                                                                                    ※引用元 NEWSセブンセブンより

 

大谷翔平、逆転の37号3ラン!

大谷翔平、2戦連発&逆転の37号3ラン! 米記者が驚愕「彼は本当に信じられないことをする」

 

                          ※引用元 ベースボールチャンネル BBC より

夢のような時間、とても誇り

大坂なおみ 日本代表は「夢のような時間、とても誇り」<東京オリンピック>

 

東京オリンピック

 

                                   ※引用元 Tennis365.netより

大坂なおみが涙?・・

大坂なおみが涙「つらい」試合後の報道対応ドタバタ…取材エリア一時騒然

 

女子シングルス3回戦で敗れて引き揚げる大坂なおみ(ロイター)

              ※引用元 日刊スポーツより

卓球日本ペア金に衝撃

卓球日本ペア金に衝撃、中国メディア「屈辱の一日」報道

 

                               ※引用元 産経新聞より

阿部兄妹 金メダル!

阿部兄妹金メダル生んだ3きょうだい長男勇一朗さんの癒やし方

 

取材に応じる阿部勇一朗さん(撮影・峯岸佑樹)

                            ※引用元 日刊スポーツより

「旗を掲げる」とか「旗印にする」。

この場合の「旗」には理念や理想、方針という意味があつのだろう

東京五輪の開会式で、新たな「旗」が掲げられた。

これまでは1人だった旗手を男女1人ずつの計2人で行うことにした。

長い五輪の歴史の中でも初めてのことである

過去の大会でも女子選手が旗手になるケースはあったとはいえ、大半が男子選手。

国際オリンピック委員会(IOC)は昨年3月、男女平等の観点からこれを見直そうと

参加国対し男女1人ずつの旗手を選ぶよう奨励していた

当日の入場行進を見れば、大半の国その要請を受け入れ、男女で旗を掲げている。

身長差のある男女が旗ざおを握ってともに歩くのは難儀なようで相手を引っ張ったり、

引っ張られたりというシーンもあったが、これはこれで微笑ましい

旗ざおを男子握り、旗の端を女子が持つというスマートな国もあった。

なるほどこれなら歩きやすい。

日本は交代制でレスリングの須崎優衣選手とバスケットの八村塁選手が交互に旗を運んでいた。

身長も歩調も異なる男女がどうすれば平等にそして円滑に旗を運べるかと知恵を絞る。

平等な社会に向けた手本となる態度だろう

男子が1人で旗手を務める国もあった。

歴史は簡単には変わらないが、続ければ、男女の旗手が普通になっていくはずだ。

その旗を巻いて逃げてはなるまい。

                 ※引用元 中日新聞 中日春秋より

 

東京五輪 3

「残念ながら最悪のシナリオを辿っている」東京五輪後に国民が被る大きすぎる代償

 

                                                                                              ※引用元 PRESIDENT Onlineより

原英莉花 5位発進

原英莉花5位発進 五輪にも注目「池江選手に感動もらっている」

 

原英莉花が4打差5位発進

ツアー4勝目を目指す

                                       ※引用元 GDOより