カテゴリー別アーカイブ: 生活

恋愛・不倫 後遺症を脱する方法

恋愛が続かない30代女性の多くが20代で不倫を経験。その後遺症を脱する方法【前編】

 

長く付き合った男性には妻がいた

結婚したいのに、

できない……選ばれない原因がわからないと苦しむ女性は多い。

 

                                       ※引用元 Suits womanより

恋愛・不倫 後遺症を脱する方法

恋愛が続かない30代女性の多くが20代で不倫を経験。その後遺症を脱する方法【前編】

 

男性側からガンガン来られる

                          ※引用元 Suits womanより

高年収 老後破産?

高年収だったのに老後破産してしまう人の特徴3選

 

「現役時代の年収が高ければ、老後破産にはならない」。

残念ながら、これは真実ではありません。

年収が高く、もらえる年金が平均より多くても、生活が苦しくて困ってしまう方はいます。

それはいったい何故なのか、高年収だったのに老後破産してしまう人の特徴を3つご紹介します。

 

■特徴1.現役引退後も住宅ローンや教育費の出費が続く

近年は晩婚化が進み、出産の年齢も家を購入する年齢も上がってきています。

40歳で子どもが産まれて家を購入した場合、60歳で定年を迎えて無収入になっても、

まだ子どもが大学生で住宅ローンも返済中ということも珍しくありません。

高年収の方ほど、住宅や教育にかける金額も大きくなる傾向があります。

大きな出費があると、それだけ家計のやりくりが大変になります。

退職金やそれまでの貯蓄でなんなく支払えるなら問題ないのですが、

「退職金が思ったより少ない」

「貯蓄がうまくいかなかった」などで状況が急激に悪化してしまうことも……。

 

■特徴2.お金の使い方が無計画

収入が多いときは、多少気にせずにお金を使ったり贅沢をしたりしても生活できます。

でも、その余裕があるために「なんとかなるだろう」と考えてしまい、

家計のことを深く考えないままになっている方もいます。

無駄を省いて支出を最適化したり長期的な資金計画をたてたりすることなく、

漫然とお金を使っている場合も老後破産に近づきやすくなります。

「今のところ毎月の収支は黒字」という方でも、役職定年を迎えて収入が下がる、

定年して無収入になる、年金が思ったより少ない、

思ったよりずっと長生きできた、といったことが重なると、

人生の後半でお金が足りなくなってしまうかもしれません。

 

■特徴3.生活コストを下げられない

もう1つ、高年収の方ほど陥りやすいのが「生活水準を下げられない」という問題です。

老後を見据えて「このままの支出ではお金が尽きてしまう、

なんとかしなくては」という状況になったとき、

それまで特にお金について意識せずに裕福な暮らしをしてきた方は、

合理的な節約が苦手な場合もあります。

生活水準は上げるのはかんたんですが、下げるのは難しいものです。

たとえば数十年にわたって「月50万円使って生活するのが普通」だった人は、

年金収入が月30万円の生活に突入したら、そのままでは毎月20万円の赤字が出ます。

20万円×12ヵ月×30年(60歳~90歳)=7,200万円です。まずいと思っても、

今まで無頓着だったのにいきなり月10万円単位の節約をするとなると、苦痛が伴うかもしれません。

実は、年収が高くても支出が多いために、

老後の貯蓄はほとんどできていないという家庭も少なくありません。

                           ※引用元 Fuelleより

方針転換・・漢語

「 方針転換」 漢語
旧日本軍は、部隊が敗走するのを「転進」と呼んで、
惨敗の印象を取り繕っている。
「一般社会の慣行と違う監護を・・強要した」。
作家の丸谷才一さんが「轟沈」などとともに「軍人漢語」と呼んで批判した言葉だ
的外れな心配であるのを願っているが、
最近、似たような語感があった気がする。
新型コロナウイルス感染症の患者の入院要件について、
政府が明らかにした厳格化の方針である。
感染急増の地域で、入院対象は、
重症者や重症化リスクの高い患者らに限るという。
菅首相は「方針転換した」と説明したそうだ。
「方針転換」が「医療崩壊」の始まりを意味しているのでなければいいが、
中等症ではあっても症状は厳しい。
急に悪化する怖さがる感染症でもある。
自宅で療養する患者も医療関係者も、不安は大きいはずだ。
深刻な事態ではないだろうか
感染の急拡大について、デルタ株が手ごわいのだと説明しているそうだ。
ただそれは国内外の専門家らが以前から指摘していたことでもある。
「私たちに欠けているのは、知らないものについての知識のことなのではなく、
知っているものを深く考える能力である」
仏社会学者、エドガー・モラン氏の言葉という「科学の言葉」
知ってる「手ごわさ」より不確かな楽観論を見てきたための事態に思える。
惨敗でなければいいが、心配な「転換」である
              ※引用元 中日新聞(中日春秋)より

東京五輪 3

「残念ながら最悪のシナリオを辿っている」東京五輪後に国民が被る大きすぎる代償

 

                                                                                              ※引用元 PRESIDENT Onlineより

東京五輪 2

「残念ながら最悪のシナリオを辿っている」東京五輪後に国民が被る大きすぎる代償

 

                             ※引用元 PRESIDENT Onlineより

東京五輪 1

「残念ながら最悪のシナリオを辿っている」東京五輪後に国民が被る大きすぎる代償

 

東京五輪・パラリンピックを前にした新国立競技場 – 写真=USA TODAY Sports/ロイター/アフロ

 

                                                                                                                                                                             ※引用元 PRESIDENT Onlineより

熟年離婚 4

結婚35年以上でも…日本で「熟年離婚」が増加しているワケ【専門医が解説】

 

                   ※引用元 幻冬舎より

熟年離婚 3

結婚35年以上でも…日本で「熟年離婚」が増加しているワケ【専門医が解説】

 

「ひとつのスキルで一生稼ぐ」時代は終わりつつある

 

人生100年時代では、「60代で引退」とはならない

                                       ※引用元 幻冬舎より

熟年離婚 2

結婚35年以上でも…日本で「熟年離婚」が増加しているワケ【専門医が解説】

 

                        ※引用元 幻冬舎より