作成者別アーカイブ: dawn-usuki-3425

日本株 本質的な理由 Ⅰ

日本株がなかなか上昇できないのには「本質的な理由」がある

 

日経平均が3万円を回復するには何が必要だろうか

                                                                                                                                                      ※引用元 東洋経済より

東京株式 伸び悩む?

〔東京株式〕伸び悩む=緊急事態宣言拡大が重し(25日前場中盤)

 

                                       ※引用元 JIJI.COMより

堅調持続・アジア株上昇!

〔東京株式〕堅調持続=アジア株上昇映す(24日後場寄り付き)

 

                                                                                                                            ※引用元 JIJI.COMより

東京株式市場 大幅反発

東京株式市場・大引け=大幅反発、米株高を好感 前週下落分の半値戻し

 

8月23日、東京株式市場で日経平均は大幅に反発した。

             ※引用元 REUTERS ロイター

日経平均が年初来安値を更新

日経平均が年初来安値を更新 世界的な株安でファーストリテイリングやLVMHも株価下落

 

8月20日の東京株式市場で、

日経平均株価は前日比267円安となる2万7013円で取引を終え、

約7カ月ぶりに年初来安値を更新した。

取引期間中には一時、2万7000円を割り込んだ。

ファッション関連株も値を下げており、

ファーストリテイリングは同日、

72050円で取引を終え年初来安値を更新した。

同社の株価は2月16日に10万円を突破し、時価総額が一時10兆円を超えたが、

現在は約7兆6400億円とこの半年で3割近く下落している。

こうした株安の動きはアジア市場や欧州市場でも進んでおり、

2021年上半期決算で純利益が前年同期比10倍増を達成したLVMH(モエ・ヘネシー・ルイ・ヴィトン)でさえも、

8月20日に620ユーロ(79360円*)で取引を終え、5日間で株価は約12%下落した。

ケリンググループ(Kering Group)も同様で、同日に652ユーロ(83456円*)で取引を終え、

同期間で株価は約16%下落している。

コロナ禍から完全復活したと見られていたラグジュアリー系だが、不安定な状況は続きそうだ。

ただ、一方でLVMHはアフター・コロナを見据えて積極的に買収や投資を行なっており、

今年7月には、「セリーヌ(CELINE)」のクリエイティブディレクターだった

フィービー・ファイロ(Phoebe Philo)が立ち上げた新会社に投資している。

また、ヴァージル・アブロー(Virgil Abloh)が手掛ける「オフ-ホワイト(Off-White)」を買収し、

さらに共同で新規ブランドを立ち上げる。

国内に話を戻すと、東京都では8月21日、新型コロナウイルスの新規陽性者が5074人となり、

4日連続で5000人を超えるなど、爆発的な感染状況が続いている。

医療崩壊も迫っており深刻な事態に陥っているにも関わらず、

国会は閉会したまま、政府や東京都の行き当たりばったりの対応が続いている。

感染者が増える冬場までこのまま無策が続けば、株価にも影響が出てくるはずだ。

今後の政府や東京都の対応に注目したい。

                  ※引用元 SEVENTIE TWOより

大谷翔平が二刀流出場で8勝目&40号!

大谷翔平が二刀流出場で8勝目&40号!現地メディアの年俸予想が過熱

 

大谷翔平が二刀流出場で8勝目&40号!

大谷翔平が二刀流出場で8勝目&40号!現地メディアの年俸予想が過熱

 

                                 ※引用元 AERA dot.より

大谷翔平が二刀流出場で8勝目&40号!

大谷翔平が二刀流出場で8勝目&40号!現地メディアの年俸予想が過熱?

 

 

                             ※引用元 AERA dot.より

綺麗な青空?・・

渋野日向子&原英莉花もスマイル 青木瀬令奈の“英国での3枚”に反響「綺麗な青空」

 

19日から全英女子オープンが開幕

渋野日向子【写真:Getty Images】

                                ※引用元 THE ANSWERより

大坂なおみ、記者会見で泣き出し?

大坂なおみ(ロイター)テニスの4大大会、全米オープン(OP、30日開幕・米ニューヨーク)の前哨戦、ウェスタン・アンド・サザンOP(米シンシナティ)に出場する
女子テニス世界ランキング2位大坂なおみ(日清食品)が16日、
大会前の公式オンライン記者会見に出席した。
質疑の途中で泣き出して約4分間中断。
再開後は落ち着いた様子で再び質問に答えた。
大坂が記者会見に登場するのは5月9日のイタリア国際開幕前会見以来だった。

 

 

会見場にはヘッドバンドに日本語で「大坂なおみ」と描かれたヘッドホンをして登場。

会見序盤は、東京五輪の感想、五輪期間中に心の健康を訴え棄権し、

復帰した体操女子のシモーン・バイルス(米国)に対しての思い、

記者会見についての考えからなどを語っていた。

泣くきっかけになったのは、地元シンシナティの記者が記者会見の方式やメディアとの関係性を問うた質問。

数秒黙って「ごめんなさい、考え中」と上を向くなどした。

司会者が「次の質問に移りますか?」と聞いたが「興味深い話題なので答えたい。

もう1度質問を言ってほしい」と自ら求めた。

改めて「会見が好きではないとのことだが、

よりよい方法があるなら探りたいと思う」などと問われると「私はみんなのために話すことはできない。

自分のためにしか話せない。

でも若い頃からメディアにたくさん興味を持たれて、それは自分のバックグラウンドも一因だと思う。

第1に私はテニス選手であって、だからこそ多くの人に興味を持ってもらえているのだと思う」などと答えた。

答え終わった後から泣くのを我慢するような様子をみせた。

旧知の記者から全米OPに向けての準備、

ハイチへの思いなどの質問を聞いているうちに、涙がこらえきれなくなり、

記者が「ごめんなさい」と言うと「いえ、あなたはとてもいい人だから」と言いながら、涙があふれた。

司会者が「少し休憩をとりましょう」と促し、オンライン画面を一時切断。

約4分の中断後、「先ほどの質問をもう1度。

その後は日本語の質問に移ります」と再開させた。

大坂は英語の質問に1つ、日本語の質問に3つ答え、約20分間の会見を終えた。

                               ※引用元 スポーツ報知より