作成者別アーカイブ: dawn-usuki-3425

“年間大賞” 大谷翔平選手の「リアル二刀流/ショータイム」

『新語・流行語』“年間大賞”決定 大谷翔平選手の「リアル二刀流/ショータイム」

 

                                                                                                                                                 ※引用元 ORICON NEWSより

原英莉花 V!!

原英莉花V会見で将来的な米ツアー挑戦に意欲「シブコに『待ってるよ』と言われて…」

 

大王製紙エリエールレディス最終日

優勝を決めるパットを沈め、涙をこらえる原英莉花

                        ※引用元 THE ANSWER より

原英莉花が単独首位に浮上!

原英莉花が単独首位に浮上 2打差・2位に柏原明日架、三ヶ島かな 渋野日向子は19位タイ

 

原英莉花がトップ!

                                    ※引用元 ALBA Netより

大谷翔平 “満票”で最高栄誉のMVP獲得

大谷翔平 “満票”で最高栄誉のMVP獲得 イチローさん以来日本人2人目の快挙で今オフ8冠に

 

 

 

 

                                                 ※引用元 TBS NEWSより

渋野日向子が今季2勝目!

渋野日向子が今季2勝目! またもペ・ソンウとのPO制す…一時2打差も鮮烈イーグル締め

 

「樋口久子・三菱電機レディス」最終日

プレーオフを制し、今季2勝目、国内ツアー通算6勝目を挙げた渋野日向子

※引用元 THE ANSWERより

復活優勝! 渋野日向子

渋野日向子の涙の裏側 急逝の恩人に捧げる復活優勝

  •  

渋野日向子は復活Vに涙を流した

 

ショットも安定した渋野日向子

 

恩人の死

会見では亡き恩人に感謝の言葉を残した

キャディバッグとヘッドカバーに“アレすけ”

渋野日向子 約2年ぶりV

渋野日向子「ウソなんじゃないか」歓喜の涙4人プレーオフ制し約2年ぶりV

 

優勝トロフィーを手に笑顔を見せる渋野(撮影・鈴木正人)

                                                                                                          ※引用元 日刊スポーツより

エンゼルスとの契約延長交渉!

MLB=大谷、エンゼルスとの契約延長交渉に前向き米大リーグ(MLB)エンゼルスの大谷翔平選手は3日、

今オフのエンゼルスとの契約延長の交渉について

前向きな姿勢を見せた。

 

 

 

 

大谷は今季155試合に出場し、

打者としては打率2割5分7厘、46本塁打、100打点、26盗塁。

投手としては23試合に先発して、9勝2敗、防御率3.18、156奪三振を記録した。

二刀流での活躍で歴史的なシーズンを過ごし、ア・リーグMVPの最有力候補となっている。

大谷はけがなくシーズンを過ごせたことに満足感を示しつつ、

今季のような活躍をもう少し早く見せたかったとし、

来季については特にピッチングのさらなる向上を見据えていた。

※引用元 3日 ロイター

流れを手放した‼

原英莉花は3位T『流れを手放した』

第48回ミヤギテレビ杯ダンロップ女子オープンゴルフトーナメント 利府ゴルフ倶楽部(宮城県)最終日

3位タイの原英莉花がホールアウト後、「勝てなかった〜」と、残念そうに、明るくーひとことを。

久々の最終日、最終組だった。前半、西村との優勝争いは、見どころがたくさん。

特に、4打差で迎えたパー5の8番が、勝敗を分けたといっても過言ではなかった。

2オンを狙った5Wの第2打、ピン奥15ヤードのラフへ。

しかし、続く58度の第3打が絶妙で、イーグルまであとひと息、

ピン横20センチのナイスアプローチを披露する。「お先に」というバーディー。

一方、西村がこのホールをボギーにしたことで、一気に2ストローク縮まった。が、好事魔多し。

落とし穴が待ち構えているものだ。9、10番で風の影響もあり、連続ボギーを叩いてしまう。

「2打差になった時、自分がバーディーを取り続ければーと思ったけど、まさかでした。

特に10番の3パットはいただけない。せっかく良い流れが来たのに、

手放してしまいました」と勝負の恐ろしさを言葉にした。

とはいうものの、不振脱出のきっかけはつかんだ。今年のベストフィニッシュで終盤戦へ。

「今まで、コースに立ってもイメージが湧いてこない。ゴルフが楽しくなかったけど、

きょうは本当に楽しかったです」と、収穫も加える。

そういえば、この日はこんなことも。

紺と白のウエアを、スタート直前、胸にオレンジのラインが入ったものへ替えている。

色が人のメンタルに与える影響についての本を、何冊も持っているそうだ。

「何か違うーという気がした。冷静でいたいから最終日、紺白を着ることが多いけど、

今日はガツンといきたい。それで、オレンジにした」と心情を語った。

今回、必勝の気合は結実とはならなかったものの、次週は連覇を狙う日本女子オープン。

「ディフェンディングチャンピオン。優勝を目指して頑張りたいです」と頼もしい宣言の後、

「あれっ、ディフェンディングチャンピオンと、私が言って良かったのかなぁ」と大笑い。

こんな、ひまわりのような明るさも、魅力だろう。捲土重来の秋ー。

                         ※引用元 日本女子プロゴルフ協会より

不満残る千秋楽の割り方

不満残る千秋楽の割り方…審判部はメンツを気にして、何の意味も持たない取組を作った【北の富士コラム】

 

照ノ富士(左)が寄り切りで正代を下す

 

◇26日 大相撲秋場所千秋楽(東京・両国国技館)